車査定業者を通さない個人間売買について

まず挙げられるのが売る方も買う方もマージンが発生しない点だろう。車査定業者を通せば中間マージンがあらゆる場面で発生するため、納得がいく価格の売却が難しくなる反面、個人間では高く売るあるいは、安く購入できる点がメリットとして挙げられる。

次に消費税だ。昨今では高齢化に伴い消費税値上げムードもある中で大きなシェアを占める。売却する側は消費税分を上乗せさせ購入者側に交渉ができる。購入者側は売却価格のみの提示になるので、諸費税の観念が無くなり割安感を感じるはずだ。今後消費税が値上げになった場合には更に注意・注目しなければならない。

個人売買でのメリットは希少車の流通ではないだろうか。希少車は旧車や保有者の改造車(法に触れる改造ではない)であることも珍しくない。車の希少性もさることながら、カー用品(シートの種類、タイヤ、ホイール、オーディオ、チューニングなど)の希少性もある。

車査定業ではなかなか納得のいく価格の査定が出ない場合でも、個人売買であればその車の価値基準を分かち合ってもらえる人であれば、市場よりも高く売れる可能性が高い。家族や身の回りの人に限らずその車を通じて新たな人との出会いや関係が築ける場合もあるだろう。

希少車や限定車などを保有の人はぜひ妥協することなく。売る相手と売るタイミングを勘案し大事に売却してもらいたい。大量生産大量消費の時代、それを見直しつつある風潮の中、購入者側もそれらの気持ちを汲み取り希少車を大事に乗る楽しみを味わうことも粋な車ライフでもある。

ページの先頭へ戻る